RECOMMEND
PR
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 今年もメダルラッシュ!柳澤志音、故郷に錦を飾る!【栃木県少年少女レスリング選手権大会】
    背中越しのチャンス (10/18)
  • 第4回ターゲットエイジ開講!メンタルトレーニング『勝つための心理学』!
    野州山辺 (10/16)
  • 今年もメダルラッシュ!柳澤志音、故郷に錦を飾る!【栃木県少年少女レスリング選手権大会】
    西武勝てよ (10/16)
  • 今年もメダルラッシュ!柳澤志音、故郷に錦を飾る!【栃木県少年少女レスリング選手権大会】
    テリーゴディ (10/16)
  • 石井亜海、優勝!!6月全中の雪辱果たす!【全日本女子オープンレスリング選手権大会】
    ヤマト (10/08)
  • 石井亜海、優勝!!6月全中の雪辱果たす!【全日本女子オープンレスリング選手権大会】
    9/28虹を見た者 (09/30)
  • 石井亜海、優勝!!6月全中の雪辱果たす!【全日本女子オープンレスリング選手権大会】
    ちゃんゆー (09/27)
  • 【特集】カムバックサーモンを超え、カムバック・アリゲーターガーか!?レスリング部大物OB突如出現!
    石川祐希 (09/16)
  • 【特集】カムバックサーモンを超え、カムバック・アリゲーターガーか!?レスリング部大物OB突如出現!
    結城丈二 (09/16)
  • 【特集】カムバックサーモンを超え、カムバック・アリゲーターガーか!?レスリング部大物OB突如出現!
    塩の保護者 (09/16)
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

おおたスポーツアカデミー オフィシャルブログ

おおたスポーツアカデミーの最新ニュースをお届けします。
今年もメダルラッシュ!柳澤志音、故郷に錦を飾る!【栃木県少年少女レスリング選手権大会】
0

     10月15日(日)、足利工業大学附属高校第3体育館において、「第32回栃木県少年少女レスリング選手権大会」が行われた。これは大会名通り、栃木県内のクラブで争われる大会だが、足利市から近いおおた、邑楽ジュニア、上州トレジャーは毎年参戦、また、茨城県からも参戦があり、さながら「北関東大会」といっても過言ではない大会。会場は、足工大レスリング部の道場で、マットは2面。昨日の合同練習に引き続き、「イモ洗い状態」となった。この道場へ来るたび、筆者は館林高校時代、足工大附高とはよく合同練習をし、時には「練習試合」も行い、足工大側の70禅蕕料手は充実していて、館林高校側の70禅蕕鷲者ひとり、わずか2時間くらいの間に3試合させられた(そのあと、しっかりと約2時間のスパーリング…)記憶が甦る。

     

     わがOSAは、この大会ではメダルラッシュになることが多く、結果的に、今年も多くの入賞者を出すことができた。特筆すべきことは、デビュー2大会目の天笠窓来(あまがさ そら)。前大会は初戦敗退だったが、今大会は1回戦、2回戦と素晴らしいタックルを決めて快勝! 準決勝まで進み、銅メダルを獲得した! その準決勝では負けて悔し涙を流していたが、これは誰もが通る道。2大会目で銅メダルなんてすごいぞ、ソラ! さらに、今年度入団の中村友哉が初勝利を挙げた! 決勝戦では、OSA同門対決が2試合あった。中学生の部で、中里優斗VS城所拓馬、小学生の部で、大谷健之輔VS柳澤志音だ。特にこの志音対健之輔は、日ごろの練習で、スパーリング1本目で必ず入り、しかも、必ずマット中央に陣取る。指導者から遠い、マットの端っこの方でやっている選手で、強くなった者はいない! レスリングもAKBも、「センター」を取れ! と指導しているが、それを実践しているのが、この両者だ。奇しくも、大会直前のスパーリングでは、健之輔が攻めまくり、バランに近い状態で、志音が悔し涙。試合も健之輔有利か? と見ていたが、志音勝利で優勝。志音は勝った瞬間、絶叫後、マットに顔を付けて号泣。ライバル健之輔に勝ったうれしさか、それとも、足利クラブ出身の志音が、OSAに移籍、その後、初めて故郷・栃木県大会IN足利市で優勝したうれしさか?(表題の『故郷に錦を飾る』という表現は、志音は今、足利市に住んでいるので、この表現は適切ではなかった)

     

     

    決勝は日頃からスパーで火花を散らしているOSA同門対決!

     

     志音と健之輔の切磋琢磨ぶりは、お互いのレベルアップのために、最高によい! 素晴らしい! いみじくも、下野サンダースの『元世界女王』船越光子監督が、この決勝戦を見て、筆者に「クラブに強い選手がいると、強い選手は練習を一生懸命やるので、それが周りにも波及して、全体のレベルアップにつながるんですよね」とおっしゃっていた。それが、OSAに対してのお言葉だとしたら、とてもありがたい! また、合同練習でサンダースの胸をお借りします!

     

    これほどの多数の賞状とメダルをゲットしたOSA!

     

     今月9日の体験教室で、模範演技をしてくれた佐藤陽も優勝。陽は入団2年目で、ある程度安心して見ていられる試合運びというところまで成長した。今年入団組の1年生にとって、非常に良いお手本になる先輩といえる。ほかにも、初戦敗退でも、成長の跡を感じられる選手がいたことは確かだ。めげることは、ない。全試合終了後、「筆者デザインTシャツ史上、最も不出来」と言われるニューTシャツで揃え(次回はインディアナTシャツを作った時の情熱を思い出し、バッチリやります!)、OSA全員で記念写真。その後全員集め、「今日の最優秀選手は、天笠窓来だ!」と発表して、会場を後にした。保護者の皆さん、大変お世話様でした。さあ、次は11.5群馬県小学生総体だ! 目標は『全員メダル獲得』だ!(F)。

    | - | 16:58 | comments(3) | - | - |
    フェニックスが太田に初飛来!充実熱戦の合同練習!
    0

       10月14日(土)、市立太田高校において、OSAレスリング部と三郷フェニックスの合同練習が行われた。これは、フェニックスの佐藤暢宏監督と、筆者のつながりによって実現したもの。佐藤監督は、東京・京北高校出身。筆者が館林高校で、当時はよく両校で合同練習を行っていた。当時(昭和60年)、東京の京北高校は、「土」のグラウンドがなく、館林高校に来たときは、その「土」を肌で実感したいと、はだしで走っていた記憶が強く残っている。今年6月の松戸ジュニアでの合同練習で、高校2年以来32年ぶりの対面(佐藤監督が筆者の1学年下)。「今度、合同練習をやりましょう」と約束して、やっと、こぎつけたわけだ。

       

       朝6時30分に出てきたというフィニックス軍団は、早くも練習開始1時間前の8時に「到着しました」電話があり、慌てて市立太田高校へ。道場へと案内し、マット清掃を行い、9時、『開会式』を行い、練習がスタートした。この日は、群馬県内からパレイストラ、上州トレジャー、大間々クラブの参加もあり、マット2面が60人近いジュニアレスラーで覆い尽くされた。攻防系の練習メニューを多く取り入れ、最も盛り上がったのは、「クラブ対抗リレー」。「クラブ対抗リレーをやるぞ!」と言った瞬間、なぜか大盛り上がりだった。昔の小学校の運動会で、最も盛り上がったのが、8校くらいの小学校が集まってやった「他校リレー」だったが、やはり今も昔もリレーは、子ども的にも興奮するDNAがあるらしい。7人選抜制で、3レース実施したが、リレーに慣れている地元のOSAが3勝。しかし、この日は「インペリアル方式」を取ったため(独断で)、上州トレジャーの優勝とした。

       

       

      60人からのジュニアレスラーが集結!

      市立太田がマット2面でよかった!

       

       さあ、いよいよスパーリング。フェニックスの精鋭11人の子どもたちはみんな強いが、今年の全少3年36禅藺茖屋未領詭攵‖臍手がいる。せっかくの機会、何とか、この強い選手の胸を借りようと、柳澤志音、佐藤岳、大谷健之輔が挑むが、体重差もあるが、圧倒される。5年生の加藤航平を当てて、やっと五分五分という強さ。最終手段で、同じ全少2位だが、学年も階級も上の「群馬のOUT礼士」松井礼士を出さざるを得ないほど、鈴木勝大選手の強さは際立っていた。佐藤監督から、「先輩、ウチの勝大をイジめてたでしょ?」と言われたが、イジめたなんてとんでもない、こういう合同練習の時は、強い選手に挑むのがセオリー。挑んだOSAの選手もいい練習になったと思うが、勝大選手にとっても、いい練習になったのではないか? 聞けば、フェニックスは設立5年目。こんな若いクラブでありながら、子どもたちの礼儀正しさ、元気のいい返事、あいさつは、とてもしっかりしていた。強い理由がよくわかった。

      最後にフェニックスクラブ・佐藤監督からお言葉をいただく

       

       パレイストラ、上州トレジャー、大間々クラブの選手も、積極的にスパーリングをしていた。5クラブの相乗効果だ! 今後も、このような合同練習を実施して、お互い切磋琢磨しながら、レスリングの輪を広げていきたい。この合同練習も、京北高校・佐藤監督と館林高校・筆者のレスリングの輪から始まったもの。レスリングの輪とは、つくづく素晴らしい。こうやって、32年も経ったのに、交流できるんだ! 「レスリング万歳!」である。フェニックスの選手、保護者の皆さん、佐藤監督、今日はありがとうございました! また、合同練習やりましょう!(F)

      | - | 15:58 | comments(0) | - | - |
      第4回ターゲットエイジ開講!メンタルトレーニング『勝つための心理学』!
      0

         

         10月14日(土)、市民体育館講義室において、おおたスポーツアカデミーターゲットエイジ〜2020インターハイ強化育成プロジェクト〜が行われた。8月のサマーキャンプは、2泊3日中、あらゆる講義が行われたが、それを「第3回」とすると、今回は今年度、4回目。そのサマーキャンプ後、ある保護者から、「サマーキャンプはとても楽しく、為になったと言って帰ってきました。今後は、うちの子は『メンタル』が弱いので、メンタルトレーニングを取り入れていただければありがたいです」とのお言葉をいただいた。ニーズに応えるのが、おおたスポーツアカデミー。早速、メンタル講座を開講した。講師は、大東文化大学・スポーツ科学部教授、常務理事、学務局長の高橋進先生。高橋先生は、全日本柔道連盟の科学研究班や教育指導部、世界選手権やオリンピックの派遣コーチなども歴任され、あの「ヤワラちゃん」こと田村亮子のトレーニングトレーナーも務められた。講義は、プロジェクターでの解説を中心に、どのようにしたら、本番で力が発揮できるようになるか、ということを90分タップリ講義していただいた。集まったターゲットエイジたちは、聞き逃してはならないと、しっかりとメモを取っていた。さすが、精鋭たち! ボケーっとしている者、よそ見をしているもの、居眠り(などGGDD!=『言語道断』)など皆無だった。ターゲットエイジの皆さん、今日、学んだことをしっかりと叩き込んで、日々の練習に励んでください。次回は、12月16日(土)の予定です(F)。

         

        | - | 10:11 | comments(1) | - | - |
        ゴルフ部の会場変更について(10/14)
        0

          10月14日(土)ゴルフ部の活動は、会場を渡良瀬ゴルフ場からウインザーゴルフ太田に変更して行います。お間違えのないようにお願いします。(事務局)

          | - | 22:59 | comments(0) | - | - |
          10/14テニス部の活動について
          0

            明日(10/14)のテニス部の活動は、雨でコートの状態が悪く使用できないため、中止とさせていただきます。

            よろしくお願いいたします。

            | - | 17:19 | comments(0) | - | - |