RECOMMEND
PR
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 大谷健之輔、鮮やか3連勝で第3位!【少年少女レスリングおおまま大会】
    えつ (03/21)
  • 大谷健之輔、鮮やか3連勝で第3位!【少年少女レスリングおおまま大会】
    けんママ (03/20)
  • アカデミー史上初か!?大学で合同練習!
    しーさー (03/16)
  • アカデミー史上初か!?大学で合同練習!
    remember (03/13)
  • アカデミー史上初か!?大学で合同練習!
    f (03/13)
  • アカデミー史上初か!?大学で合同練習!
    専大ダンシン (03/13)
  • 第9回群馬県6人制男女バレーボール親善大会 二連覇!
    相原こずえ (03/11)
  • 石井亜海、OSAの牙城を守り優勝!【関東甲信越少年少女レスリング大会】
    水戸梅まつり (02/27)
  • 石井亜海、OSAの牙城を守り優勝!【関東甲信越少年少女レスリング大会】
    クーポン下さい (02/27)
  • 石井亜海、OSAの牙城を守り優勝!【関東甲信越少年少女レスリング大会】
    幸運の海 (02/26)
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

03
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

おおたスポーツアカデミー オフィシャルブログ

おおたスポーツアカデミーの最新ニュースをお届けします。
第34回武蔵村山市少年少女空手道大会(チャリティートーナメント)出場!
0

    平成29年3月19日(日)東京都武蔵村山市総合体育館において、第34回武蔵村山市少年少女空手道大会(チャリティートーナメント)が盛大に開催された。

    今年度は、32団体600人余りの選手が参加しており、おおたスポーツアカデミー選抜空手道部からは19名の選手が参加し、日頃の練習の成果を存分に発揮した。

     

    | - | 11:08 | comments(0) | - | - |
    大谷健之輔、鮮やか3連勝で第3位!【少年少女レスリングおおまま大会】
    0

       3月19日(日)、桐生大学グリーンアリーナみどり市民体育館において、「第22回少年少女レスリングおおまま大会」が行われた。28年度最終大会で、よい締めくくりをしようと、県内県外から71チーム688人もの参加があり、今まで4面マットだったが、今年度から6面に拡大、関東甲信越大会が規模縮小したため、全国大会以外の大会で、ジュニア大会では2番目に大きな大会となった。

      「赤い回転体」健之輔の猛攻がこのあと開始!

       

       その中で、わがOSAレスラーは、「この学年で戦う最後の試合」と思いを込めたのか、ナイスゲームが続出。関東甲信越では、初戦敗退が多かった中、今大会は初戦突破した選手が多かった。中でも、見事だったのは大谷健之輔の試合。初戦で強豪クラブの選手を破り波に乗ると、2回戦はあの山本KIDが主宰するクレージービーの選手を破り、ベスト8進出。準々決勝でも接戦を制し、ベスト4進出を果たした。かつて、UWFインターでの、桜庭和志VS田村潔の試合は、止まることなく攻防を続けるので、「赤い回転体」(両者とも赤いパンツだったので)と表現されたが、健之輔の攻め続ける試合は、まさに、赤い回転体。セコンドに就いていながら、「おーーっ」と言いたくなる場面が多々ある。健之輔、OSA小学生唯一の銅メダリストだ! 健之輔はがんばった!

      積極果敢の健之輔はグランドでも猛攻を止めない!

       

       中学生では、城所拓馬と石井亜海が優勝、この得点がよく響き、団体の部で第2位となった。

       大規模開催となったおおまま大会が終了した。大会の指揮をとった大間々クラブの金子先生には、大変お疲れ様でした、と感謝の気持ちでいっぱいだ。OSAが参加する28年度の大会がこれで無事終了した。今大会でも、多くのクラブから、合同練習の声掛けがあった。ぜひ、29年度も、合同練習をやって、レスリングの楽しさ、厳しさを子どもたちと共に味わっていきたい。(F)

       PS OSAのOGである宮原初花先輩、乙葉先輩、貴重な日曜日に後輩たちの応援に駆け付けてくれて、ありがとう!

       

      | - | 17:21 | comments(2) | - | - |
      柔道に活かせる柔術の技術を学ぼう!!中井祐樹先生による柔術講習会
      0

        3月12日(日)選抜柔道部では、日本ブラジリアン柔術連盟会長・パエストラ東京代表の中井祐樹先生をお招きし、柔術講習会を開催しました。中井祐樹先生は、日本を代表する柔術家であり、総合格闘家でもあります。現役時代は修斗、世界ウエルター級王者になられたこともあり、まさに日本の格闘技会のパイオニア的存在です。現在はパエストラ東京で、後進の指導にあたり輩出した選手の中には、青木真也選手、北岡悟選手など超有名選手が多数います。そんな中井先生ですが、人柄は温厚で、親しみやすく、選抜柔道部選手は、目をキラキラさせながら講習会を受講していました。

        講習会の内容は『ヒップスロー』『フラワースイープ』など、基本的なことから応用的なことまで大変わかりやすい言葉で説明していただき、3時間あっと言う間に過ぎてしまい充実した講習会となりました。最近では、『クロストレーニング』と言う異なる競技の技術を学ぶ動きが多く見られ始めています。柔道男子日本代表なども、この試みを実践していて、成果を残しています。ルールが4年ごとに変わる柔道会では、このような取り組みが必要不可欠であり、枠にとらわれることなく新しい技術を吸収していくことが大切なんだと思います。そして、今後も継続してこのような機会を作っていきたいと思います。学んだ技術を活かし、中井先生に恩返しができるように、がんばろ!おおたスポーツアカデミー柔道部!!(H)

         

         

         

         

         

         

        | - | 11:09 | comments(0) | - | - |
        アカデミー史上初か!?大学で合同練習!
        0

           3月12日(日)、わがOSAレスリング部の中学生は、中央大学へ遠征に向かった。これは、今年で3回目となった市立太田高校の中央大学遠征に、便乗させてもらったもの。前日は、OSAの中学生は埼玉栄高校で練習をさせてもらい、日程だけを見れば、高校顔負けの日程である。この日も、前日の疲れも残っているだろうが、割と元気そうな面持ちで、市立太田を出発した。

          遂にOSA中学生が中大マットに上陸!夢を見ているようだ…

          OBお父さんの眼前でスパーリング!これまた夢のようだ…

          女子中学生ただ一人乗り込み、男子大学生とスパー!

          OSAの若熊は大学コーチの「手荒い歓迎」を受ける!

           

           中央大学の道場の玄関に着くと、すかさず「失礼します、お荷物お持ちします!」と、1年生としての「しきたり」を実行してくる学生が一人。よく見たら、つい先日まで館林高校生だった選手だ。もう、新入生ではなく、1年生として、同大学の一員になっているわけだ。1月にOSAと合同練習した横浜デビルスも来ていた。10時練習開始。同大学伝統の、延々と続く補強運動が始まった。バービーは100回、腹筋は何百回やったか? 市太田高校生もOSA中学生も、早くもリタイヤ寸前まで追い込まれるが、今回のメンバーは、皆ガッツがある! 何とか食らいついていった。そのあと、打ち込み、グランドスパー、スパーリングとたっぷり3時間、大変中身の濃い練習をさせていただいた。帰りは、プール前で市太田高校生とOSAで記念写真。「大学というところはこういうところなんだな」と、社会勉強にもなったはず。思えば、OSA26部あるうち、「大学で練習」というのは、開校以来初ではないか? 地元の関東学園大学のグラウンドで練習というのはあるかもしれないが、東京まで繰り出し、大学生と練習なぞ、なかなかできませんぞ! 高校だって、そう滅多にできることではない。ぜひ、また遠征に行きたい。(F)

          | - | 17:09 | comments(4) | - | - |
          第9回群馬県6人制男女バレーボール親善大会 二連覇!
          0

            平成29年2月26日(日)、伊勢崎市あずま体育館において「第9回群馬県6人制男女バレーボール親善大会」が開催された。

            OSAバレーボール部は、中学生女子の部に出場。激戦の末、優勝を果たし、二連覇を達成した。

             

            今大会は、部活動を引退した中学3年生でチーム編成をしていたため、チームとしても個人としても練習時間が不足していた。

            しかし、選手達は、自らチームのためにアクションを起こし、選手間で積極的にコミュニケーションを取り、試合を追うごとにチームを構築させ、素晴らしいチームプレーを魅せてくれた。(珍プレーもありましたが・・・笑)

             

            この大会を通して、選手達は「自立する」ことの大切さ、「考えてプレーする」ことの重要さ・面白さを学び、プレーヤーとして大きく成長してれたことが、何よりの成果であったと思う。

             


             

             

            【試合結果】

             VS 伊勢崎市立境北中 <予選1>

             25 - 12

             25 - 16

             

            ◆VS 太田市立毛里中 <予選2>

             25 - 11

             17 - 25

             15 - 8 

             

             VS 玉村町立南中 <決勝>

             25 - 22

             16 - 25

             17 - 15

            | - | 10:15 | comments(1) | - | - |