RECOMMEND
PR
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 100人越え!熱戦・充実の花咲合同練習会!
    ピーチ親父 (02/18)
  • ぐんまの新拠点で、今年早くも2度目の合同練習!
    健太ママ (02/09)
  • OSA卒業星☆中里優斗(市立太田高2年)が関東選抜優勝!
    T本 (02/06)
  • OSA卒業星☆中里優斗(市立太田高2年)が関東選抜優勝!
    あんこう鍋 (02/05)
  • 荒行100本スパー完遂!FUZINでOSA選手力出し切った!
    野生児の母 (02/04)
  • 荒行100本スパー完遂!FUZINでOSA選手力出し切った!
    まあかな (02/03)
  • 荒行100本スパー完遂!FUZINでOSA選手力出し切った!
    地獄の芋掘人 (02/03)
  • 【シリーズようこそ先輩!】「五輪に最も近い男」が世界レベルの技術を伝授!
    凌之輔の母 (02/02)
  • 会心の試合もあり悔しい敗戦もあったOSAの2020初大会!【館林市スポーツ少年団クラブ交流大会】
    野生児は雪が楽しみ (01/27)
  • 会心の試合もあり悔しい敗戦もあったOSAの2020初大会!【館林市スポーツ少年団クラブ交流大会】
    OS A応援団 (01/27)
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

02
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
--
>>
<<
--

おおたスポーツアカデミー オフィシャルブログ

おおたスポーツアカデミーの最新ニュースをお届けします。
【北茨城市交流事業】煌薫杯ソフトテニス大会
0

    2月15日(土)に茨城県北茨城市磯原地区公園テニスコートで行われた、第28回男子煌薫杯ソフトテニス大会兼第42回男子うぐいすの里研修大会・第34回女子煌薫杯ソフトテニス大会兼第63回女子うぐいすの里研修大会に選抜ソフトテニス部(男子3チーム、女子1チーム)が参加した。この大会は、令和元年5月21日に太田市と北茨城市がスポーツ協定を結んで初めてのスポーツ交流事業として北茨城市が企画した大会である。11月のチャンピオンシップソフトテニス選抜大会に北茨城市の中学校チームを招待し、今大会は逆に招待された。結果としてはアカデミー男子チームがベスト8に進出したが、交流試合として北茨城市のチームと数多くの交流試合をすることができ、交流を深めてきた。今後も交流を続けていきたい。

    | - | 13:37 | comments(0) | - | - |
    100人越え!熱戦・充実の花咲合同練習会!
    0

       2月16日(日)、花咲徳栄高校武道館において、「小中学生合同練習会」が行われた。これは、花咲徳栄高校レスリング部及び花咲ジュニアが主催してくれたもので、すっかり定例化されており、数多くのクラブが参戦、OSAは3度目の上陸となる。筆者は、今まで仕事の都合で参加できず、今日が初上陸。この合同練習の案内は、花咲ジュニアの保護者の方が、よくラインをしてくれたが、いつも運悪く何かと重なり、すべて出ていたとすれば、もう4~5回は参加していたであろう。

       今日は、群馬県レスリング協会強化練習会もあり、これは当初、15日(土)に予定されていたもので、2日連続の合同練習で、これはいい「プチ合宿」になるかと思っていたが、急きょ、事情で16日(日)に変更。筋からいうと、群馬県の方へ出るべきだが、またまた花咲の方を断ると、申し訳が立たない。合同練習でも合コンでも、2回も3回も断ると、もう2度と声がかからなくなるのが、世の常だ。OSAは、予定どおり、花咲マットを優先させ、断行した!

      さあ練習開始!大勢のレスラーが参加!

       さて、この遠征は、わがOSAは電車で行くことにしており、今日も太田駅8時22分発に乗車。花崎駅で降りた。すると、小雨が。傘を持っていない選手が数名いたため、すかさずコンビニで傘を3本購入。筆者は、本人は嫌がっているかもしれないが、試合前、風邪をひかせるわけにはいかないと、中村友哉と「アイアイ傘」となった。これが、帰りのハプニングの予兆だったのか…。

       道案内は、過去2度経験している松井礼士だ。間違いなく、一発で辿り着いたのだから、礼士も意外とクレバーだ。いや、2.7倍の市立太田中に合格しているのだから、「意外と」は失礼か。徒歩10分ほどで、花咲徳栄高校に到着。私立ならではの広大なグラウンドにデカい建物、遠征用バスが数台、早くも「強豪校臭」漂ってきた。道場へ着くと、いるわいるわ、おびただしい数のちびっこレスラーたち! まず目に飛び込んできたのは、虎の顔の絵と、「猛攻」の文字が目立つ、試合会場で見慣れた花咲徳栄高校の団旗。各クラブの存在の見極めが速い上州トレジャーの谷津監督に、どこのクラブが来ているか聞くと、龍ヶ崎、さくら、ドンキホーテ、フィギアフォー、逗子キッズ、練馬クラブ、猛禽屋、トイカツ道場、はんのう山中道場、田島チビッコ、市川コシティ、警視庁第6機、そして花咲ジュニア、群馬勢は、OSAにパレイストラ、スパークラーズ、おおままクラブ、上州、ざっと数えただけでも、軽く100人は超えていた。前回より、ずっと多いそうだ。

      気づいてみればマーヤは3週連続のGDRS!
      モモカも3週連続GDRS!

       この大勢のスパーリングを、「ロケットペンシル方式」で効率よくやってくれた。わかりやすくいうと、「長篠の合戦」で、織田信長が考案した鉄砲隊方式だ。何列も隊列を作って、1列目が一斉砲撃。撃ち終わったら、最後列にまわり、銃弾を込めて準備、先頭に来たら、また撃つ。この繰り返しだ(最近の歴史書によると、この鉄砲隊方式は、実際はやっていなかった説もあり)。なので、1本おきとはいかないが、それでも、OSA最年少の苅谷萌々香は、限られた時間で、最大限のスパーをしていた。終わったらすぐ相手を見つけて並んでいたので、空けても2~3本だ。「今日は、マーヤのいい練習相手がいますよ!」の谷津監督の言葉通り、田島チビッコの女子選手が強い。思えば、モモカもマーヤも、3週連続のGDRS(合同練習)だ。男子では、松井礼士、加藤航平がフル参加だ。

      岳は午後から中学高校のマットに参戦!

       お昼は、駅前のコンビニまで行くと、会釈する帽子をかぶった男性が。竹沢弘晃さんだ。竹沢さん(以下『竹ちゃん』)は、かつてOSAの前身である太田ミニレスクラブでコーチをしていた。3年前、深谷市在住の竹ちゃんは、よくお子さんを連れてOSAの練習にも来てくれたが、今では、花咲ジュニアに所属しているという。重量級の竹沢ひかる君は、午前中、OSAの佐藤岳とスパーリングをしていた。その選手が、竹ちゃんの子どもだとは気付かず、「岳、ずいぶん体格差のある選手とやるなー。ケガしないように気を付けろよ」といったが、お互い、3年前のスパーを覚えていたのだろう。「先週も、合同練習を群馬でやったよ。花咲の子も何人か来ていたよ」と筆者が竹ちゃんに言うと、「牛小屋を改造した道場ですよね?」と知っていた。「よく知ってるね?」というと、「アカデミーのブログは毎回チェックしています!」。読者は、かなり広範囲になってきた。

      相変わらず練習熱心なトモヤ!

       午後は、いくつものグループを作って、そのグループに花咲徳栄高校の選手が一人付き、準備体操から、ゲーム的要素のある練習をやってくれた。昼食後で、集中力わきづらい午後練前半、これはいい試みである! 十分、楽しく汗を流した後、スパーリングに入った。午後も同じく、「長篠の合戦」方式だ。小学生マットは、佐藤陽の熱の入ったスパーが目立つ。中学・高校マットは、中村友哉だ。この選手の練習の取り組み方は、非常にいい。高校生も目をかけてくれて、よく相手にしてくれた。4時30分、練習終了。スパーリング中心で、高校生が面倒見ながら、あきさせない練習もあり、無駄に長い補強運動もなく、実によいカリキュラムの合同練習だ。練習中、花咲ジュニアの保護者会から、各クラブコーチに、コーヒーのサービスもあった。色々な意味で、人気のある合同練習会だということが、よくわかった。

       さあ、問題の「帰り」である。駅前のコンビニに来た時点で、「5時2分太田行き」があることがわかった。あと2分少々ある。全員ダッシュすれば、余裕で間に合うと思った。「よし、1番線へ行けーー!」。よく考えたら、全員がパスモを持っているわけではなかった。この日は、市立太田高校レスリング部「3年生を送る会」に招かねているため、つい急いでしまった。次回は、ゆっくり帰ろう。(F)

       

      | - | 15:30 | comments(1) | - | - |
      男子9位!入賞を逃す【キッズクロスカントリーリレー大会】
      0

        レース後の大東文化大学元駅伝部監督 青葉昌幸氏の話

        一昨年まで箱根駅伝のスターターも務めていた関東学生陸上競技連盟元会長

         

        関東地区の小学生の駅伝NO.1を決める大会、第19回キッズクロスカントリーリレー大会<関東小学生陸上クラブ交流大会>が令和2年2月16日(日)埼玉県比企郡滑川町の国営武蔵丘陵森林公園特設コースでおこなわれ、おおたSAから男子3チーム、女子2チームが出場し、男子Aチームが9位に入った。

        森林公園入口 8:30入場。選手保護者で混み合う。小雨もぱらつく。

         

         

        この日は午前中は雨の予報。予報通り8:30入場と同時に小雨が降ってきた。W−UPも小雨の中、グランドコンディションは、芝生に水が溜まり、走りにくく、力を使う状態になってしまった(汗)選手たちには逆境の状況。

         

        その中で、男子Aチームは1区鈴木虹翔が、各チームのエース級が揃う中、堂々の2位でタスキをつないだ。最高の出だした!

        2区以降順位を少しずつ落としながら、アンカーに8位でタスキが渡り入賞かと思いきや、ゴール寸前転倒があり9位に(涙)惜しくも入賞を逃した。

        1区2位と快走した鈴木虹翔(GKA)


        レース寸前体調崩し、激走した3区盒彊軅院頁川西小)

         

        おおたスポーツアカデミーの結果は以下のとおり

        男子A 9位

          B 14位

          C 23位

        女子A 12位

          B 29位

         

        レース後、監督・コーチ陣とミーティング

         

        次回は令和2年3月7日(土)のライスカップ駅伝(前橋市)だ!

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

        | - | 12:03 | comments(0) | - | - |
        山下真奈(太田女子高) ぐんまマラソン・ジュニアロードV
        0

          陸上の第29回ぐんまマラソン・ジュニアロードレース大会が2/11(火)前橋市の正田醤油スタジアム群馬を発着点とするコースでおこなわれ、高校生女子の部に出場したおおたスポーツアカデミー卒業星☆山下真奈(太田女子高)が優勝を飾った。レースは号砲と同時に好位置をキープ、国体道路にでると積極的なレース運びで先頭にいくと、そのまま独走!2位に大差をつけて狙いどおりの圧勝でV。今後に弾みをつける明るい材料となるレースになった。山下真奈は小学校からアカデミーに在籍。休泊中→太田女子高に進学。現在は見事に文武両道を達成している。地道に努力するコツコツタイプで、春の高校総体では一気に花が咲く予感がする。

          右から4人目が中学校時代の山下真奈。2018.8菅平合宿より

          | - | 09:01 | comments(0) | - | - |
          ジュニアテニス部Aの活動中止について
          0

            令和2年2月28日(金)の活動は、太田市運動公園市民体育館でBリーグが開催されるため中止となりました。

            | - | 15:04 | comments(0) | - | - |