RECOMMEND
PR
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 異種格闘技戦! 柔道VSレスリング第2弾!
    F (02/10)
  • 異種格闘技戦! 柔道VSレスリング第2弾!
    専大ダンシン (02/09)
  • 成果アリ!専大バイソンズ、横浜デビルスと白熱の合同練習!
    専大ダンシン (01/30)
  • リオの年に里桜が咲く!選抜空手道部OG・本島リオ、関東選抜団体V!
    美桜 (01/29)
  • 成果アリ!専大バイソンズ、横浜デビルスと白熱の合同練習!
    南平駅 (01/29)
  • 佐藤兄弟が『練習はウソをつかない!』を実践!【館林市スポ少クラブ交流大会】
    チーム岳陽 (01/18)
  • 佐藤兄弟が『練習はウソをつかない!』を実践!【館林市スポ少クラブ交流大会】
    保護者B (01/18)
  • 佐藤兄弟が『練習はウソをつかない!』を実践!【館林市スポ少クラブ交流大会】
    F (01/18)
  • 佐藤兄弟が『練習はウソをつかない!』を実践!【館林市スポ少クラブ交流大会】
    保護者A氏 (01/17)
  • 選抜空手道部OB・菊地凌之輔が新聞の特集記事に掲載!
    凌之輔母 (01/06)
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

02
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
--
>>
<<
--

おおたスポーツアカデミー オフィシャルブログ

おおたスポーツアカデミーの最新ニュースをお届けします。
全日本チャンピオンが指導に来てくれた!
0

     2月19日(日)、午前9時から正午まで、市立太田高校において「群馬県ジュニア合同強化合宿」が行われた。これと兼ねて、「おおたスポーツアカデミー天野雅之レスリング指導者講習会」が実施され、グレコローマン84垉藾監本・全日本選抜・国体チャンピオン、天野雅之コーチが東京からはるばる来てくれた。県内7つのクラブと市立太田高校レスリング部が参加、主に、天野コーチの得意技であるローリングと、四つ組みになってからの攻防を中心に指導していただいた。天野コーチは、日ごろは中央大学レスリング部を指導しているが、その技のメカニズムをよく理解し、さらにそれを伝えることが非常にうまいことから、ほかの大学からもオファーがよくある。ジュニアの指導についても、よく声がかかり、実際、今回も大変わかりやすく説明してくれた。

    ローリングのかけ方をわかりやすく指導する天野コーチ

    四つ組みになってからの重要ポイントを伝授!

     

     技術指導、質疑応答の後は、スパーリング。特に、重量級の選手は、天野コーチに積極果敢に当たりにいった。練習終了後、筆者と昼食を共にしたが、「今日、『この子は強くなる』という子はいましたか?」の質問に対し、名前はわからないが、その特徴を聞くと、どうやら明和クラブと千代田ジュニアの選手だった…。次回こそ、イの一番におおたの子の特徴が挙がるよう、がんばりたい!

     天野コーチは、今日は全日本のジャージで来てくれて、その胸には「日の丸」が燦然と輝く。世界中、イモトほどではないが、何か国も遠征した。今日、参加した子どもたちの中から、日の丸ジャージで、ぐんまの指導に来てくれる、そんな日が来ることを願ってやまない。(F)

     PS パレイストラのコーチで、「このブログ、楽しみにしていますよ。面白いですね!」と声をかけてくれたのは、T本コーチ。前橋市に住んでいる方だが、太田市でも見ていない人は多数いる中、見てくれているのはありがたい! 寺Mコーチ、また太田に来てください! 合同練習をやりましょう!

    | - | 13:29 | comments(0) | - | - |
    異種格闘技戦! 柔道VSレスリング第2弾!
    0

      部対抗リレーから始まった!早くも熱戦!

       

       専大バイソンズとの合同練習1週間後、2月4日(土)、市立太田高校レスリング場において、おおたスポーツアカデミー選抜柔道部とレスリング部の合同練習第2弾が行われた。大好評だった第1弾に続き、実施したものである。柔道部・平井監督はスキーで苗場へ出張中で、代行して乗り込んできたのは萩野コーチ。練習時間中、何度も柔道部を呼び集め、綿密に指導していたのが印象に残る。

      背中合わせからのフォール(押え込み)の取り合い!

       

       まずは、部対抗リレー。「はだし」というハンディをものともせず、柔道部員は速い。続いて、背中合わせからのフォール(押え込み)の奪い合いである。これは、柔道部のフィールドであり、小学生らはやや苦戦。押え込み逃れに、ここでもタックルからバックを取るという動きが多々見られ、「バックを取るところじゃない、フォールを取れ!」と叱咤激励。そして、いよいよ保護者(特に柔道部の)の皆さんが前回、楽しかったというスパーリングである。開始早々、柔道部員の首投げに掛かるものもいれば、バックに回り、アンクルホールドを仕掛けるレスリング部員、とにかくお互い、普段とは違う動きをされてしまうため、余程、ズバッとした技をかけないと、うまくいかない。選抜柔道部員のポテンシャルの高さを感じた。

      合同練習の切り込み隊長・松井礼士は対抗意識を燃やす!

       

       中学生マットに目を向けると、「合同練習のポリスマン」的存在になった「OSAの若熊」「戦うテディベア」城所拓馬が、スープレックスを多用、この日は、ビル・ロビンソンばりのサイドスープレックスで投げたり、時にはホースト・ホフマン流サイドスープレックスも見せた。また、拓馬と「OSAウォリアーズ」を結成した中里優斗は、選抜柔道部の絶対エースであり、アカデミーChampionship初優勝の立役者である畑村翔耀と対峙した。翔耀はこの日、高校の制服サイズ合わせのため、練習には途中から来て、「今日は見学で…」と言っていたが、熱戦を見て触発されたのか、マットに上がっていたのだ! さすが足腰が強く、タックルでは倒れない。何といっても、立派な体格である。わかりやすくいうと、まるで、いくらウォリアーズでも、相手がハンセン、ブロディで苦戦した、というような展開である。

      スープレックスで応戦した城所拓馬

       

       熱戦はあっという間に終わり、柔道部・レスリング部ともに、マットを雑巾がけ。整理体操、集合して黙想、あいさつと、何もかも同じ行動である。そもそも、昭和初期、レスリングが日本に入ってきた頃から、その練習スタイル、強化方法など、柔道を踏襲してきた。戦前のオリンピックのレスリングは、小谷澄之など、柔道家が参加していた。いわば、「親兄弟」のような間柄の種目である。

      遂に柔道部のエース・畑村と対峙した中里優斗

       

       今年度の選抜柔道部は、「チャンピオンチーム」である。今後もこの、ジュニア版「猪木VSウィルエム・ルスカ」を続けていきたい。柔道部&レスリング部共に、これからも「ウィン・ウィン」の関係でいたい(←時事ネタだが、子どもたちには、理解されなかったようだ)。(F)

      柔道もレスリングも、礼に始まり礼に終わる!

       

      | - | 15:41 | comments(2) | - | - |
      成果アリ!専大バイソンズ、横浜デビルスと白熱の合同練習!
      0

        「戦いの梁山泊」と化した市立太田高の道場

         

         1月28〜29日、毎年恒例、専大バイソンズが今年で3度目となる来太で、2日間、おおたスポーツアカデミーはじめ、県内クラブと合同練習を行った。

         1日目は、午後3時から開始。バイソンズ、OSAに加え、館林ジュニア、千代田ジュニア、明和クラブ、邑楽ジュニア、上州トレジャーら7クラブ、総勢約70人もの小中学生で、2時間半合同練習を行った。

         2日目から、横浜デビルスが初来太。岩崎コーチ、佐藤コーチが4人の子どもを携えて道場に乗り込んできたと思いきや、大きな子どもも一人。「対石井亜海用」と思われる、女子高校生レスラーも来てくれた。この日の練習は、普段、バイソンズのほか、専修大学レスリング部の指導もしている木村コーチが指揮を取ってくれた。やはり、大学生を指導しているだけあり、高度な技術指導をしれくれ、大変ありがたかった。スパーリングでは、2日間、マットは「芋を洗う」状態となったが、この程度のイモ洗いぶりでは、もはや驚かない。12/30ライジン(さいたまスーパーアリーナ)では、マット4面に400人だ。1面100人…。この日は、内容の濃さでライジンより、格段上だった。所々で、白熱したスパーリングが見られた。わがOSAはじめ、県内各クラブは、バイソンズに圧倒される場面がしばしば見られた。相変わらず強い! 聞けば、バイゾンズの登録人数は70人近くで、常に練習に来る子どもも、40人以上いるという。羨ましい限りだ。日ごろから、合同練習をやっているようなものだ。OSAも、何とか、夢の大台30人はいきたい。

        普段大学生の指導している木村コーチの

        高度な技術指導

         

         楽しい(指導者的には)2日間はあっという間。バイソンズの朝賀先生とは、筆者の高校時代の無二の親友。苦しいときを共に過ごした仲間の絆は、一生ものである。デビルスの岩崎コーチ、佐藤コーチは大学の後輩。また来てくれることを約束した。また、「今度、大学に子どもたちを連れて行って合同練習しましょう」と提案してくれた。さらに、デビルスの女子高校生レスラーが筆者に、「また、鹿島学園に練習に来てください!」と声をかけてくれた。この女子高校レスラーは、鹿島学園高校で、昨年度、ぐんまの女子を連れて合宿に行ったとき、いた、ということで、筆者のことを覚えてくれていたということである! また、鹿島学園、行きます!

         各クラブの指導者の方々、保護者の方々、大変お世話様でした。お陰様で、大変良い合同練習ができました。

         「レスリングで築かれた絆、岩より固し!」である。子どもたちも、お互い友達はできたかな? みんながんばったぞ!

         では、来月関東甲信越大会で再会しましょう!(F) 

        松井礼士も「必死の力・必死の心」で

        ガチに練習していた!

         

        | - | 15:38 | comments(2) | - | - |
        リオの年に里桜が咲く!選抜空手道部OG・本島リオ、関東選抜団体V!
        0

           1月14〜15日、宇都宮市体育館において、関東高校選抜空手道大会が行われた。おおたスポーツアカデミー卒業星が多数参加する中、「OSAのチェリーブラッサム・クイーン」本島里桜擁する前橋工業高校が、団体形で見事優勝を果たした。

           本島里桜は、おおたスポーツアカデミー選抜空手道部のOGで、中学生のころから非常に練習熱心で練習好きであり、練習時間中、休憩になって、だれもがベンチに戻って汗を拭いたり、水分補給しているときでも、鏡の前に立ったり、先生に見てもらったりで、一人「形」の練習を繰り返していた。その形の鋭さ、気迫、そして美しさは、見ていてほれぼれするほどの、見事なものであった。

           団体で関東を制した本島里桜は、今度は全国選抜に出場する。3月の全国で一足早い満開のチェリーブラッサムを披露させてほしい!(F)

          | - | 15:01 | comments(1) | - | - |
          佐藤兄弟が『練習はウソをつかない!』を実践!【館林市スポ少クラブ交流大会】
          0

            「場外際でローリングを狙う佐藤岳」

            「攻める姿勢が素晴らしい佐藤陽」

             

             1月15日(日)、館林市城沼総合体育館において、「館林市スポーツ少年団レスリングクラブ交流大会」が行われた。大寒波が押し寄せたこの日、館内もつま先が痛いほど冷たくなるような寒さの中、関東圏内強豪クラブが多数集まり、4面マットで選手たちは、新年戦い始めにふさわしい試合を展開した。わがおおたスポーツアカデミーでは、普段の練習熱心な岳、陽の佐藤兄弟が見事な内容で勝ち進む。結果、陽は準優勝、岳は第3位となった。佐藤兄弟は、練習中、ふざけることは一切なく、非常に練習態度が良い。指導者の言うことをよく聞き、練習後のあいさつも、だれよりも早く来る。そういったことは、試合でも反映されるということを証明し、いい見本となった。ほかの選手も、佐藤兄弟に勝るともとならない、一生懸命練習している子どもはいる。そういう子は、今、試合に反映されなくとも、必ず、必ず、必ずいつかは反映されるんだ!!

             さあ、来月は、規模、レベルともこの大会の2倍の「関東甲信越大会」がある。1本1本のスパーリングを試合だと思って、いい試合ができるよう、全員で頑張ろう! その前に、専大バイソンズ、横浜デビルスとの合同練習だあー!(F)

            | - | 11:18 | comments(4) | - | - |