RECOMMEND
PR
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

おおたスポーツアカデミー オフィシャルブログ

おおたスポーツアカデミーの最新ニュースをお届けします。
<< 東毛少年自然の家で2018年の締めくくり!ジュニア強化合宿(前編) | main | 日本代表コーチから学ぶ、ボールコントロール! >>
東毛少年自然の家で2018年の締めくくり!ジュニア強化合宿【後編】
0

     合宿3日目。朝練は、みんなが楽しみにしていた(?)山登りだ。前日、館林ジュニアの田部井先生が下見をしてくれて、どのコースがよいか、アドバイスしてくれた。田部井先生は登山の趣味があり、登った山は100を下らない。先頭を行ってくれる大間々クラブの金子先生もまた、日本5大名山登山を完遂した、登山家だ。各指導者に無線機を持たせ、万全の態勢だ。筆者も一眼レフ片手に登ったが、これが甘かった! ほとんどロッククライミングのような個所もあり、急な斜面もあり、登山をなめていた。明和クラブの坂上先生も同じことを言った。下着まで汗びっしょり。足はパンパン。ロートルには結構きつかった。やっと山頂へ着いたと見えて、子どもたちの歓声がこだましてきた。早くたどり着きたい。やっと山頂! 子どもたちは全く疲れを見せない。山頂からの景色を楽しんでいる。そこで筆者と坂上先生が思いついた、登山話レスリングバージョンは、速攻で一致した。

     「頑張って登って、山頂にたどり着いたものだけが、この素晴らしい景色が見られる。途中で、あきらめたり、登るのをやめた者は、この景色が見られない。レスリングも、途中であきらめず、マットから降りず、最後(高校・大学)まで頑張ったものだけが、山頂からの景色が見られるんだよ!」

    山頂でもセンターを取るボス感全開の松井礼士!

    子どもたちには苦痛ではなかった登山!

     

     山登りの後の朝飯は、格別にうまかった! 合宿最後の午後練も無事終了。夕飯を済ませ、入浴後、研修室では、冬休みの宿題だ。4日間、何もしなかったら、たちまち、後れを取ってしまう。OSA17人は、全員宿題を用意し、研修室で宿題に励んだ。一生懸命やっている子どもで目に付いたのは、OSAの今枝紗來と澤井舞綾だ。明和クラブの横尾選手と原口選手のコンビは、坂上先生が「明和のクラッシュギャルズ」と名付けた。先を越された! 坂上先生いわく、「先輩が中里優斗と城所拓馬を『OSAウォリアーズ』と呼んでいたので、ではウチも、と名付けたんですよ」。では、クラッシュギャルズに対抗して、「OSAのビューティーペア」か? いや、古すぎて、お母さん方だって見ていないだろう。林小々夏、夏美子のお母さんである林夏美さんがいたら、話は別だが。何かいいネーミングはないか、募集中です。

     話はそれたが、レスリングの合宿で勉強道具を用意させるのは定番で、「あの」眦塚技弊萓犬任気─夏、冬の合宿の時は、必ず宿題を持ってこさせ、勉強タイムを設けた。眦沈萓犬濃廚そ个靴燭、筆者が高2の時、冬の合宿を日体大で実施したことがあったが、24日のクリスマスの夜、いきなり部屋のふすまを開けて、クリスマスケーキを畳の上に置き、「ほれ、食え! クリスマスケーキだ!」とケーキを買ってきてくれた。「包丁もないのに、どうやって分けるんだ?」と、誰かがどこからか「線引き」を借りてきて、みんなで分けた。その逸話をある年の「眦沈萓犬魄呂牴顱廚馬辰靴燭海箸あったが、「オレがケーキなんか買ってきたか? そうか、オレって優しいだろ?」と話されていた。地獄の合宿の中、眦沈萓犬覆蠅法⊂しでもこいつらに、と思ってくれたのだろう。ただ、今回の合宿で、残念ながらそれはできない。60何人分のケーキは、ちょっと無理。

    初参加の栗原悠人のスパーの頑張りが目立った!

    最後のマット練、子どもたちは惜しむかのように躍動した!

     

     いよいよ合宿最終日。7時からの朝練はマット練だ。ここでも、OSAはじめ、群馬の各クラブの子どもたちは、最終練習にふさわしい頑張りを見せた。終わりよければすべてよしだ。練習後、朝食を済ませ、館内清掃に入るが、坂上先生は、「いいか、ほこり一つチリ一つ、コオロギの死骸1匹(実際いた)、蛾の羽1枚(実際いた)残さず、完璧にキレイにしろ!」と指示。仕上げは、体育館のマット片づけだ。これも全員でやったら、ものの30分で終了。玄関前に集合させると、後方には保護者の方々が早くもズラリとお迎えに来てくれた。そして、恒例の「忘れ物オークション」(ブリーフが毎回1枚はある)を済ませ、坂上強化委員長、金子先生の総評をいただき、黒澤先生、鹿沼コーチからも一言いただき、解散となった。保護者の方々から、一斉に拍手が起こった。

    「来た時よりも美しく!」強くなることより大事!

    いよいよ解散式。大成功の合宿でした!

     

     合宿と同時期に行われた天皇杯では、群馬の先輩である、松本篤史先輩(千代田ジュニア出身)が優勝、さらに優秀選手賞を獲得し、富塚拓也選手(明和クラブ出身)が準優勝と活躍した。この中から、全日本選手権など大きな舞台で活躍する選手が、きっと出るだろう。そのとき、またその子どもたちに、「○○先輩もこの合宿で強くなったんだぞ」と言いたい。その時が楽しみだ。○○はだれになるだろう?

     みんな、頑張った! お疲れ様! さあ、今日は火曜日。OSAの練習は午後6時からだ! 何人来るか?(F) 

    | - | 16:45 | comments(0) | - | - |
    スポンサーサイト
    0
      | - | 16:45 | - | - | - |