RECOMMEND
PR
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 来たーー!ライトが光る!柳澤来音初優勝!【館林市民春季レスリング大会】
    O S A応援団 (05/20)
  • 来たーー!ライトが光る!柳澤来音初優勝!【館林市民春季レスリング大会】
    熱い気持ちで (05/20)
  • OSA卒業星★城所拓馬(市太田高)がJOC優勝!世界カデット出場権獲得!
    胡麻団子 (05/08)
  • 平成令和またぎの水戸合宿で、OSA軍団が大きく成長!【前編】
    いづみや (05/08)
  • 令和発表初大会にOSA女子初参戦!亜海OG優勝!【ジュニアクイーンズカップ・レスリング選手権大会】
    小橋選手の大ファン (04/12)
  • 令和発表初大会にOSA女子初参戦!亜海OG優勝!【ジュニアクイーンズカップ・レスリング選手権大会】
    小橋健太 (04/10)
  • 令和発表初大会にOSA女子初参戦!亜海OG優勝!【ジュニアクイーンズカップ・レスリング選手権大会】
    伊達臣人 (04/09)
  • 令和発表初大会にOSA女子初参戦!亜海OG優勝!【ジュニアクイーンズカップ・レスリング選手権大会】
    まあ (04/08)
  • 令和発表初大会にOSA女子初参戦!亜海OG優勝!【ジュニアクイーンズカップ・レスリング選手権大会】
    ゆ (04/07)
  • 令和発表初大会にOSA女子初参戦!亜海OG優勝!【ジュニアクイーンズカップ・レスリング選手権大会】
    ゆ (04/05)
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

おおたスポーツアカデミー オフィシャルブログ

おおたスポーツアカデミーの最新ニュースをお届けします。
<< 選抜Jサッカー部(5年生) | main | 選抜駅伝部セレクション >>
やったぞ関甲信でメダルラッシュ!志音、佑慎、拓馬、紗來が優勝!【関東甲信越少年少女レスリング大会】
0

     2月24日(日)、館林市城沼総合体育館において「第27回関東甲信越少年少女レスリング大会」が行われた。数年前まで、8面マットぎっしり敷き、参加者数も、800人超えはザラだった同大会も、1〜2年生の部をカットし、さらに全国少年少女選抜大会がカブってから、参加者数は半数近くまで減り、マットも5面。かといって、大会自体のレベルまで極端に下がったわけではない。小学4〜6年の全少ベスト8以上は、全少選抜に出ているが、全少では、1〜3回戦で、強豪同士が当たることもよくあり、組み合わせの妙で、8に入れなかった強豪選手が関甲信に出てきており、勝ちあがる難しさは、変わらない。その全少選抜は、OSAを代表して、松井礼士が出場している。

    優勝した3選手(左から)石塚佑慎・柳澤志音・城所拓馬

    優勝した3選手(左から)石塚佑慎・柳澤志音・城所拓馬

     

     その中で、わがOSAは、戦力充実の5〜6年生が大いに頑張った。まず、中村友哉! 特に3回戦、モンゴルのホストタウンになるなど、レスリング熱が高い焼津市の焼津ジュニアの選手と0−0の白熱の延長戦に。延長戦でも友哉の攻撃姿勢が勝り、0−0のまま、友哉の手が挙がった! 次に石塚佑慎! 佑慎は1回戦、会津たじま大会で戦ったという選手に、ややヒヤリ感のある薄氷勝利。決勝は、筆者は昼食タイムで、すぐ戻ったが、そのときのスコアは6−4だが、何やら審判団で協議をしている。第3マットは、審判泣かせの白熱した攻防が続き、微妙な判定もあったことから、筆者もつい、「最後の投げは、90度以上、反転していないでしょー!!?」と、やや抗議気味に「確認」に行ってしまった(判定に対する抗議は、本来やってはいけない行為)が、ここでは佑慎の手が挙がった。佑慎が負けとなったら、さっきの勢いあまり、また、行ってしまうところだった。この決勝の相手は、やはり会津たじま大会で対戦、そのときは手痛い敗戦を喫したが、佑慎は格段に強くなっている。やはり、試合は積むものだ。先日、久々に佑慎とスパーリングをしたら、翌日腰痛になってしまったくらい、佑慎の「圧」は強くなっている。さらに、さらに、筆者は第1〜3マット担当だったが、対角線の第2マットで、見慣れたツリパンの選手の動きが良く、さっきから手が挙がっている。視力が弱い筆者が、近くにいる子どもたちに、「あの子はOSA? だれ?」と聞くと、「志音です!」。おー、では、そろそろ決勝かな?  急いで第2マットに行き、スコアシートを運ぶ志音に、「志音、次、決勝か?」と聞くと、「今のが決勝です」。優勝か!! 写真が撮れなかった…。佑慎の決勝もそうだが。

    最後の関甲信で見事小学生時代の試合をリベンジ!

    最後の関甲信で見事小学生時代の試合をリベンジ!

     

     残る真打・城所拓馬の決勝は、拓馬最後の関甲信、せめて撮ろうと、スタンバイ。決勝の相手は、何と、拓馬が小5の時、岐阜県で開催された全少選抜大会準決勝で当たった選手で、そのときは1−2で敗れたという。拓馬のお父さんの話では、「その試合を、アカデミーのブログに載せてもらいましたが、その試合では攻めて攻めて負けたので、『近い将来、この選手には必ず拓馬は勝つ!』と書いてもらったんですよ!」。よく、覚えているなあ。皆さん、2015年3月16日のアカデミーのブログ、ぜひ、ご覧ください! 予言が当たっています! 小5の拓馬は、まだ「戦うテディベア」で、かわいいですよ。

    金・銀メダルの今枝紗來・澤井舞綾もクイーンズカップが楽しみだ!

    金・銀メダルの今枝紗來・澤井舞綾もクイーンズカップが楽しみだ!

    ボクも撮ってくださいと、超積極性の構信之介。その積極性、強くなるぞ!

    ボクも撮ってくださいと、超積極性の構信之介。その積極性、強くなるぞ!

     

     女子では、今枝紗來が金メダル、澤井舞綾が銀メダル。このOSAビューティーペアと、男子優勝者3人の写真を撮っていると、「先生、ボクも撮ってください」と、構信之介が銅メダルを持って、来てくれた。信之介も初メダルか! おめでとう! 今日は、堂々の遅刻者(理由は寝坊?!)がいて、計量もその一人で行かせたが、「これをチャラにするのは、優勝しかないからな!」とプレッシャーを与えてしまったが、見事優勝した。よし、チャラだ。また、5〜6年生の試合で、リードしていながら、残り20秒切って、投げにかかった(セコンドから見た感じでは絶対返っていない!)選手、3−0で強豪クラブの選手をリードしていたが、残り20秒切って、ガブリ返し2回食らってしまった選手など、逆転負けを喫した選手がいたが、勝った試合より、負けた試合、特に逆転負けは、またとない貴重な教材になるのだ! めげるより、一層、練習、試合を積むことだ!

     忘れてならないのは、試合がないのに、前日のマット敷きに手伝いに来て、合同練習も参加した、小学1〜2年生の子どもたち、当日も応援に来て、マット片づけをしてくれた子ども、あなたは偉い! ありがとう!

     貴重な日曜日、セコンドに来てくれ、志音を優勝に導いてくれた「OSA勝利の女神」蘭コーチ、レフェリーをしてくれた木村コーチ、栗原コーチ、保護者会の皆様、大変お世話様でした。お陰様で、大変良い、平成最後の、関東甲信越大会を終えることが出来ました!(F)

     

    | - | 19:12 | comments(1) | - | - |
    スポンサーサイト
    0
      | - | 19:12 | - | - | - |
      関東甲信越大会、メダルラッシュとなり嬉しく思います。各地域から参加してきたチーム、選手たちがいて、勝った負けたも対戦相手があってこその話ですね。そんな中でライバルと言えるような選手や目標にする事が出来る対戦相手を見つけられればラッキーな事だと思います。
      OSAのチーム内にも多くの仲間がいます。一人一人がお互いにとって欠かせない存在です。たくさんのチームメイトがいる事は、みんなにとってとてもプラスになっていると思います。
      これからもたくさんの仲間がいる事に感謝して、強いレスラーになれるように切磋琢磨していってほしいです。
      QSA、一丸となって頑張っていきましょう!
      | 大間々大会がんばろう | 2019/02/26 10:16 PM |