RECOMMEND
PR
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 令和発表初大会にOSA女子初参戦!亜海OG優勝!【ジュニアクイーンズカップ・レスリング選手権大会】
    小橋選手の大ファン (04/12)
  • 令和発表初大会にOSA女子初参戦!亜海OG優勝!【ジュニアクイーンズカップ・レスリング選手権大会】
    小橋健太 (04/10)
  • 令和発表初大会にOSA女子初参戦!亜海OG優勝!【ジュニアクイーンズカップ・レスリング選手権大会】
    伊達臣人 (04/09)
  • 令和発表初大会にOSA女子初参戦!亜海OG優勝!【ジュニアクイーンズカップ・レスリング選手権大会】
    まあ (04/08)
  • 令和発表初大会にOSA女子初参戦!亜海OG優勝!【ジュニアクイーンズカップ・レスリング選手権大会】
    ゆ (04/07)
  • 令和発表初大会にOSA女子初参戦!亜海OG優勝!【ジュニアクイーンズカップ・レスリング選手権大会】
    ゆ (04/05)
  • 800人超え8面マット!城所拓馬がOSA最後の雄姿!【少年少女レスリングおおまま大会】
    金子淳二 (03/20)
  • 800人超え8面マット!城所拓馬がOSA最後の雄姿!【少年少女レスリングおおまま大会】
    鳥平うまい (03/20)
  • 800人超え8面マット!城所拓馬がOSA最後の雄姿!【少年少女レスリングおおまま大会】
    拓馬目指して頑張れ (03/18)
  • やったぞ関甲信でメダルラッシュ!志音、佑慎、拓馬、紗來が優勝!【関東甲信越少年少女レスリング大会】
    大間々大会がんばろう (02/26)
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

おおたスポーツアカデミー オフィシャルブログ

おおたスポーツアカデミーの最新ニュースをお届けします。
さらに戦線拡大!第2次オールレスラー総進撃!
0

    合同練習開始!前回の1.5倍くらい増えた!

     

     4月14日(日)、松戸市民体育館において、「OSAvs松戸ジュニア」合同練習が行われた。前回の合同練習は、3月10日。この時は、松戸ジュニア、OSA、関宿クラブ、チームリバーサル、市川コシティ、AACC、TEAMドンキホーテ、東海ジュニア、横浜デビルズ、磯工ベアーズ、NEXUS、沼津クラブ、フェニックス、WAKOクラブ、水戸市スポ少が参戦したが、さらにこの日は、ブレーブス、ピュアブレッド、松崎ジュニア、個人参加ではバイソンズをはじめ、もっといただろう。今回は、中身重視で、こじんまりやろうという方針だったらしいが、次々とこの合同練習実施の報を聞きつけ、参加の申し入れがあったという。「参加していいですかと言われると断れないんだよねー」とうれしい誤算模様。OSAは、当初から誘われた「公認クラブ」でよかった! 誘われれば、断るということは、筆者の流儀そしてOSAの選択肢には、ない。朝三角駐車場に集合して、朝礼。「松戸と言えばアリ。今日の遠征はアリが主役です!」とある選手に謎かけ(?)をしてから、6時45分に出発。1時間半ほどで到着した。

    スパー開始1本目から入る中村友哉!奥には礼士も

     

     9時練習開始。約250人のイモ洗い状態を、学年別に選別して、マット3面+別室マット計3.5面で、松戸ジュニアの指導スタッフはじめ、各クラブの指導者のご協力により、うまく振り分けられ、効率よくできた。そして、午前練、スパー開始! OSAは、やはり真面目に打ち込む努力の男・中村友哉がイの一番にマットに上がる! 当然のようにボス感全開の松井礼士も。横浜デビルズ・岩崎監督から、「先輩、あのOSAのコーチ、ずっと声を出してくれて熱心ですね」。松戸ジュニア・野間監督も筆者に、「○○君のチームのコーチ、ずっとマットの真ん中で声を出しながらブレークかけてくれて、ありがたいね。どこでレスリングやっていたの?」 それはOSAの木村仁志コーチだった! まず、今日はどの子が褒められるかなと思っていたら、まさか、指導者が褒められるとは、まったく予想していなかった。今思えば、これが太田帰着の「ハプニング」の予兆だったのか…。

    つかの間の休憩。ドリンクがうまいと思う瞬間。

     

    声を出すといえば、言われてみると、声を出しているのは木村コーチと、OSAの子どもたちが、ポイントを取りきるまでガナっている筆者のみで、他クラブ指導者は、マットサイドで腕組みをしてじっと見ている人の方が多かった。では筆者も、午後練はじっと見つめていよう(結局ガナってしまったが)。

    マーヤはクイーンズの悔しさ全開(多分)で挑む!

     

     午前練終了で、お昼は、指導者分のお弁当を、松戸ジュニア保護者会の方々が用意してくれて、野間監督の奥様が渡してくれた。ありがとうございます! 小休止して、1時30分、午後練スタート! 前回の合同練習MVPの大谷健之輔の動きが冴え、この日も、フェニックス・佐藤監督がベタ褒め。また、今日は女子選手が大挙参戦して、マーヤ、サラにとっては、まさにうってつけの合同練習。まるで、「クイーンズカップ追撃戦」だ。二人とも、競うように、1本おきにスパーに挑んでいた。こうして午後4時、長く濃い合同練習が終了した。参加者全員でマット片づけをして、松戸ジュニアの保護者会の皆さんがキャンバス消毒、清掃、片づけをしてくれた。この団結力、本当にすごい! 4時30分、松戸運動公園を出た。

    松戸といえばアリ!もうあの頃のアリではない!

    前回MVPの健之輔の動きが相変わらず良い!

     

     午後6時20分、太田市運動公園三角駐車場着。「ハプニング」後の終礼で、「朝礼では、今日の遠征の主役は『アリ』と、牽制球を投げたが、真の主役は中3でキャプテンのハルクだ!」と伝え、木村コーチ、栗原コーチから一言ずついただき、解散となった。両コーチのクルマ出し、大変助かりました! そして、行きも帰りも、持ち切れないほど、OSA保護者会の皆様から、サンドイッチやBコーヒー、ガム、スースーする錠剤、「ファイト一発」×2本をいただき、ありがとうございました! 疲れが吹き飛びます。OSA保護者会は、松戸ジュニア保護者会に勝るとも劣らない、団結力、結束力です。全国少年少女レスリング選手権「保護者会の部」があったら、1、2位争うでしょう。つぐづく筆者は幸せな指導者です。(F)

    | - | 10:56 | comments(0) | - | - |
    選抜駅伝部・長距離部4/10の活動
    0

      4/10選抜駅伝部・長距離部の活動は雨天のため中止です。

      | - | 17:35 | comments(0) | - | - |
      女子サッカー部の連絡です。
      0

        本日、4月10日(水)の練習は雨天のため中止になります。

        よろしくお願いいたします。

        | - | 16:29 | comments(0) | - | - |
        ソフトテニス部の練習中止について
        0

          本日4月10日(水)のソフトテニス部の練習は、天候不良のため中止となりました。

          お間違えのないようよろしくお願いいたします。

          | - | 15:43 | comments(0) | - | - |
          令和発表初大会にOSA女子初参戦!亜海OG優勝!【ジュニアクイーンズカップ・レスリング選手権大会】
          0

            令和元号発表最初の大会!

             

             4月2〜3日、駒沢オリンピック公園体育館において、「ジュニアクイーンズカップ・レスリング選手権大会」が行われた。わがOSAからは、小学5年生の2選手が初参加。受付・計量は4月1日のため、世の中的には、人事異動や辞令交付で慌ただしい中、同日に出発した。11時30分に新元号発表のはずだが、テレビを見ていても、なかなか発表されず、ハイエースに乗り込み、ラジオを付けたら、「令和」と発表された。澤井舞綾と今枝紗來が集合。「令和発表初の遠征です!」といい、三角駐車場を出発した。

             4月いっぴ、道路は混んでると思い、早めに出発したが、ほとんど渋滞はなく、2時ごろには着いてしまった。受付・計量は3時30分。やっと受け付けが始まり、計量では、体重、爪、ツリパンさえ万全なら問題ないかと思っていたら、今回は「アンダー」をよくチェックされた。女子の下着には疎い筆者は、そこまで指導しておらず、慌てて誰か余分に持っていないか、聞きまくる。OSA卒業生の乙葉先輩が、「私ので良ければ」と言ってくれたが、やはりサイズが違いすぎるだろう。売ってる店を調べたら、しまむら三軒茶屋店が体育館から非常に近いことが分かった。帰りに寄り、店の前に車を置くと、前後にも車が置かれ、出てくる人を見ると、ジャージを着た小学生女子が続々。みんな計量で指摘を受けたのだろう。ホテルに到着し、夕飯はデニーズで済ませ、明日に備えて早く就寝させた。

             試合当日。高校生は当日計量のため、早々と体育館に到着していた、市立太田高校レスリング部の金子監督に、ベンチ確保をしてもらったおかげで、OSA5人分はスムーズに座れて、早速アップ。試合が近づくと、また計量会場で入念にアップ。マーヤもサラも、やる気十分だ。ただ、初の全国大会だけに、緊張感も全開。いつも言っていることだが、「緊張は、体と脳が『戦う準備OKだ』と言っている証拠」。まず、サラ登場。相手のタックルを切り、バックに回り、押さえ込むチャンスもあり、3点先制! しかし、同点に追いつかれ、2ラウンド、取りに行ったタックルが、上体を起こし過ぎ、浴びせ倒され、2点取られ、おっしい逆転負け。しかし、なぎさめではなく、こういった負け方は悪くない。タックルも、入ってつぶれて、頭を下げてバックに回られたのであれば、筆者も眦塚技弊萓犬砲海辰圓匹怒られた(余談だが、会場を後にした車の中、眦沈萓犬ら電話があった!『テレビの取材があるから○○も出てくれ!!??』)が、バシッと胸で当たり、それを返されたのであれば、「そういう取られ方なら、いいんだよ」と言われた。それをサラにも言いたい。よく攻めたと。続いて、マーヤ登場。相手選手の攻めはほとんどなく、組み手争い的な動きがずっと続く。2ラウンド目。マーヤも勝負にいったタックルが切られ、バックに回られてしまった。相手選手は、松戸ジュニアの合同練習で、スパーリングをしており、マーヤはそれを試合中、気づいたようだ。試合後、マーヤは泣き泣き、「あの子とは、松戸でスパーリングしていました…」「マーヤが勝ってたろ?」「ハイ!フォールもしました…」

             初のクイーンズで、2選手とも、レスリング力では勝っていたと思うが、持っている力を十分発揮できなかったという感じだ。改めて、日ごろの練習の大切さ、試合に出続けることの大切さがわかったのではないか。それと、1対1の格闘技は、本番では「メンタル」がモノをいう。そのメンタルも、ある日突然身につくものではなく、経験だ。修羅場の数だ。2選手とも、攻めた結果、負けたのだから、試合では負けても、勝負では負けてはいない!

             

            優勝して手を挙げられる石井亜海

             

             その悔しさを晴らすかのように、翌日4月3日、アカデミーOGの石井亜海先輩が優勝!という朗報がラインで送られてきた。動画を見ると、準決勝、決勝とも10−0のテクニカルフォール勝ちだ。亜海先輩は、世界カデットの出場権を得た。しかし、意外なことに、亜海先輩でさえ、クイーンズ初優勝だ。亜海先輩でさえ、負けて負けて、泣いて泣いて、チャンピオンになったんだ。来年は、おそらくアカデミーのもう一人の女子選手、萌々香が参戦する。萌々香の負けず嫌いっぷりは、亜海先輩の小学生時代と似ている。マーヤ、サラ、来年もクイーンズに出て、萌々香が不安がっていたら、「大丈夫だよ」と、6年生として、サポートする番だ。その前に、全少もある。全日本女子オープンもある。男子と比べて、女子の方がチャンスが多いんだ。日本女子レスラーが強いわけが分かりましたか。(F)

             

            | - | 11:19 | comments(6) | - | - |